孤独死

ここでは、孤独死 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 阪神大震災以降、孤独死という言葉とともに現時の問題として急浮上した。あの震災から、10年、現在、孤独死という言葉はどうゆう意味合いで使われ、また孤独死という問題はどのように変化していっているのだろうか?

阪神大震災から10年 減らない孤独死
 あの阪神大震災から10年たった今、孤独死は減るどころか増えているらしい。一時期は減ったらしいが、ここ最近また増えてきているらしい2004年度の孤独死者数だけで70人も方が孤独死でお亡くなりなったらしい。統計がある2000年度から2004年度まで復興住宅での孤独死者数は327人にも上るらしい。さらに統計のない1999年度以降を遡って計算すると、10年余りで約600人余りの方が、孤独死でなくなったそうだ。

 色々なメディアで孤独死が報じられるたびにどうして孤独死を防げなかったのだろうか? どうしたら孤独死を防ぐことができるだろうか?と色々議論している中、言える事は、孤独死そのものを防ぐことではなく、孤独死に至る経過を防ぐことが孤独死を防ぐことが大事だと私は思う。そのためには、行政による支援だけでは絶対に無理があるので、例えば、巡回や、話し合うことで心のケアをしたり、お年寄りの方が集まることのできる場所を提供するなど、横のつながりを強化し、地域ぐるみでより良いコミュニティ、もしくは新たなコミュニティを形成していかなければならないと思う。

 都会では、自殺する独身の男性が増えており、家族のない男性の自殺率が、同居する家族が一人でもいる男性と比べると、自殺率が確か6.8倍も高いことが調査で分かったそうだ。 しかも、その男性が独身である場合、独身でない男性の1.5倍も自殺率が高いことが明らかになった。 悲しい現実である。孤独死とは少し違うが、彼らが孤独が原因で死を選んだことはほぼ間違いないだろう。

 孤独死対策により、一時期は減少したかと思われた孤独死ではあるが、その実、年々孤独死は増えており、これは、復興住宅や被災地でない地域でも孤独死が増えているらしく、孤独死が増えている地域に共通しているのが、ご近所付き合い・横のつながりがない、つまりはコミュニティが形成されていない地域であるということだ。今後は、ハードだけでなく箱物行政だけでなく人間の心を考えたソフトウェアの部分をもっと大事にしていかなければ、孤独死をはじめ色々な問題は解決されないと思う。
現実にある出来事より・・・
http://alphapac2.web.fc2.com/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alphapac2.blog103.fc2.com/tb.php/9-52347779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。