高齢者の意識

ここでは、高齢者の意識 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高齢期で重要なこと

「高齢期において重要なことは何だと思うか」についてみると、「健康であること」が71.9%と最も高く、次いで「子どもなどとの家族関係をよくすること」46.9%、「良好な夫婦関係を保つこと」38.7%、「趣味をもつこと」34.5%、「隣人との関係をよくすること」22.3%、「経済的に安定していること」20.1%と続いている。

都市規模別にみると、都市規模が小さくなるほど「子どもなどとの家族関係をよくすること」の割合が高くなっている(大都市:39.1%、中都市:46.3%、小都市:47.8%、町村:51.7%)。

性別にみると、「健康であること」(女性:75.8%、男性:66.9%)、「子どもなどとの家族関係をよくすること」(女性:50.9%、男性:41.7%)、「隣人との関係をよくすること」(女性:26.0%、男性:17.7%)などでは女性の割合が男性の割合を上回っている。一方、男性の割合が女性の割合を上回っている項目は「良好な夫婦関係を保つこと」(男性:53.0%、女性:27.5%)、「仕事をもつこと」(男性:17.5%、女性:10.3%)などとなっており、特に「良好な夫婦関係を保つこと」の男女差が大きく現れている。

年齢階級別にみると、「健康であること」は全ての年齢階級において他の項目に比べ高い割合となっており、「80歳以上」が80.4%と最も高い割合となっている。また、「良好な夫婦関係を保つこと」は、年齢が高くなるに従い下降している。

今後持ちたい、又は今後とも持ち続けたい

次に「今後持ちたい、又は今後とも持ち続けたいと思っている趣味は何か」についてみると、何らかの持ちたい趣味を答えた人は82.0%となっている。趣味の内訳をみると、現在の趣味でも最も高い割合である「園芸、庭いじり」がは30.5%と最も高くなっている。以下は「旅行、ドライブ」(26.6%)、「テレビをみる」(21.0%)、「散歩」(18.3%)、「絵画、音楽、俳句、書道、写真、陶芸などの創作活動」(16.6%)、「手芸、茶道、華道、踊り」(16.0%)。「スポーツをする(登山、ハイキングなどを含む)」(12.9%)、「読書」(12.5%)、「カラオケ」(9.9%)などが続いている。

なお、これらの趣味を上述の「現在の趣味」と比較すると、多くの項目において割合が低くなっている。特に「テレビをみる」(現在:31.4%、今後:21.0%)が低くなっているのが著しい。

しかし、「絵画、音楽、俳句、書道、写真、陶芸などの創作活動」(現在:15.9%、今後:16.6%)、「学習活動」(現在:3.0%、今後:4.6%)、「ワープロ」(現在:2.4%、今後:3.3%)、パソコン(現在:1.1%、今後:2.2%)については、「現在の趣味」に比べ割合が高くなっている。

生きがいを感じる時

生きがいについて、「十分感じている」か「多少感じている」と答えた人に、「生きがいを感じるのは、どのような時か」についてみると、「孫など家族との団らんの時」が44.1%で最も高く、「趣味やスポーツに熱中している時」(33.5%)、「仕事に打ち込んでいる時」(31.8%)、「旅行に行っている時」(30.7%)が3割台で続き、以下は「テレビを見たり、ラジオを聞いている時」(29.4%)、「友人や知人と食事、雑談している時」(28.5%)、「夫婦団らんの時」(26.0%)と続いている。

性別にみると、「仕事に打ち込んでいる時」(男性:41.5%、女牲:24.3%)、「夫婦団らんの時」(男性:30.7%、女性:22.3%)などは男性の割合がそれぞれ17.2ポイント、8.4ポイント高くなっている。一方「孫など家族との団らんの時」(男性:37.5%、女性:49.0%)、「友人や知人と食事、雑談している時」(男性:20.3%、女性:34.8%)、「テレビを見たり、ラジオを聞いている時」(男性:25.9%、女性:32.0%)などは女性の割合がそれぞれ11.5ポイント、14.5ポイント、6.1ポイント高くなっている。

年齢階級別にみると、「仕事に打ち込んでいる時」は「60~64歳」で40.4%と最も高く、年齢の増加とともに下降している。「テレビを見たり、ラジオを聞いている時」は「60~64歳」が24.7%と最も低く、年齢の増加とともに上昇する傾向がみられる。

現在の心配ごとや悩みごと

「現在、心配ごとや悩みごとがあるか」についてみると、何らかの心配ごとや悩みごとを答えた人は43.3%となっている。心配ごとや悩みごとの内訳をみると、「自分や配偶者の健康のこと」(24.4%)がほぼ4人に1人と最も高い割合となっている。以下は大きく離れて「配偶者に先立たれた後の生活のこと」(8.3%)、「生活費など経済的なこと」(7.7%)、「一人暮らしになること」(6.6%)、「病気などのとき、面倒をみてくれる人がいないこと」(6.l%)、「孤独になること」(5.5%)と続いている。

性別にみると、「配偶者に先立たれた後の生活のこと」は男性(11.5%)が女性(5.8%)に比べ5.7ポイント高く、「病気などのとき、面倒をみてくれる人がいないこと」では女性(8.1%)が男性(3.6%)を4.5ポイント上回っている。

現在の健康状態別にみると、「心配ごとはない」は、健康状態が良いほど高い割合となっている。

高齢者の恋愛や結婚について

「高齢者の恋愛や結婚についてどう思うか」についてみると、「良いことだと思う」は45.3%で、「あまり良いことだとは思わない」(10.5%)を大きく上回っている。また、「どちらともいえない」は33.8%と3人に1人の割合となっており、「わからない」は10.3%となっている。

性別にみると、「良いことだと思う」(男性:50.2%、女性41.5%)は男性8.7ポイント高く、「どちらともいえない」(男性:30.8%、女性36.1%)は女性が5.3ポイント高い割合となっている。

年齢階級別にみると、「良いことだと思う」は年齢が高いほど低くなっており、「60~64歳」では52.l%と5割を超えているが、「80歳以上」では28.0%となっている。一方、「あまり良いことだとは思わない」は年齢の増加とともに上昇する傾向がみられる。

配偶者の有無別にみると、「良いことだと思う」は配偶者が「いる」(48.2%)が「いない」〈37.3%)を10.9ポイント上回っている。

職業の有無別にみると、「良いことだと思う」は「有職」(52.5%)が「無職」(41.3%)を11.2ポイント上回っている。

子どもの有無別にみると、「良いことだと思う」は子どもが「いない」(52.8%)が「いる」(44.8%)を8.0ポイント上回っている。

生きがいを感している人と感じていない人別にみると、「良いことだと思う」は『感じている』(49.6%)が『感じていない』(31.5%)を18.1ポイント上回っている。

健康のブログ
良心的スポーツ店
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
DVDレコーダー・プレーヤー・HDDレコーダー
DVDレコーダー・プレーヤー・HDDレコーダー http://begin.archiunite.net/
2008/08/29(金) 19:14 | URL | #-[ 編集]
スピルリナで痩せる
スピルリナとは、約35億年前に地球に誕生し地球上の最初の生物として誕生した藻の仲間だと言われています http://laser.consultsmartz.com/
2008/10/31(金) 03:00 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alphapac2.blog103.fc2.com/tb.php/65-f169c943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。