-ウエルネス・フロンティア、「活動力チェックシステム」と「ドキュメント作成ソフト」-

ここでは、-ウエルネス・フロンティア、「活動力チェックシステム」と「ドキュメント作成ソフト」- に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
株式会社ウエルネス・フロンティアは、自分の日常の活動力で、どの疾病を患う可能性が高いか判定できる「活動力チェックシステム」と、デイケアサービス等介護予防推進者が体力測定に伴うドキュメントを簡単に作成できる「ドキュメント作成ソフト」を開発した。

 「活動力チェックシステム」は、東京都老人総合研究所青柳幸利氏が「高齢者の身体活動と健康に関する研究」の中で、群馬県中之条町の高齢者約5,000人を対象に5年間の研究データを基に活動力と疾病との相関表を開発。同社は、生活習慣記録製品「ライフコーダ(株式会社スズケン)」を使い、自身の年齢と測定した活動力で自身の疾病危険度を判定できるシステムを作成した。

 例えば、自治体、町内会、老人クラブ等を通して、高齢者へライフコーダーを渡し、1週間後測定を行う。測定の結果を通して、活動指導のアドバイスが行え、基本健診への動機付けにつながる。これら一連の活動を通して特定高齢者の把握に繋がるなどの活用方法がある。価格は、活動力支援システムのうち、ライフコーダーPLUSが13,300円(30台1セットで399,000円)、活動力チェックソフトが200,000円となっている。

 いっぽう、「ドキュメント作成ソフト」は、体力測定の結果を入力するだけでデータのグラフ化ができ、各施設の設備や運動ノウハウに応じた個別運動機能計画書も作成が容易にできるようになっている。同ソフトでは、介護予防推進者の業務の効率化が進み、より質の高い介護予防が実現できる。また、計画書は1度入力すれば、次回からは前回と違うところを変更するだけで簡単に作成することができる。

 具体的な使用の流れとしては、「利用者の情報を入力後、体力測定情報を入力」「体力測定をグラフ出力、体力測定結果から運動(マシン)を使った計画書を出力」「分析結果を元に介護予防実施計画書作成や個別機能訓練実施計画書作成を出力」となっている。価格は150,000円。
http://alphapac2.web.fc2.com/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
Skypeをはじめる
Skypeの検索サイト。SKYPE ダウンロード、SKYPE 使い方、SKYPE 携帯、SKYPE マイク、SKYPE カメラなどSkypeに関する各種情報をお届けしています。 http://mainsheet.tallmadgetitan.com/
2008/12/04(木) 04:45 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alphapac2.blog103.fc2.com/tb.php/39-ba7d835e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。