-パナホーム、住宅業界初、「ケアビレッジ・リビング」-

ここでは、-パナホーム、住宅業界初、「ケアビレッジ・リビング」- に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パナホーム株式会社は、住宅業界で初めて、医療や介護サービスを備えた多機能型高齢者専用賃貸住宅「ケアビレッジ・リビング」を発売した。

 近年、日本は超高齢社会に入り、今後数十年で高齢者だけの世帯が急速に増加すると推計されている。また、少子化や核家族化が進む中で、家族が高齢者を介護できる力が低下している。多くの既存住宅においては、プランや設備・仕様等が高齢化する世帯事情に適合せず、自立生活と介護生活のいずれにしても、安心してくらせる住まいが不足している。

 いっぽう、増大する高齢者医療費を抑える政策の一環として、2006年4月に医療保険と介護保険が同時改正。高齢者介護の分野においては、療養病床が大幅に削減される政策が打ち出され、介護保険施設の新規開設が総量規制されるなど、これまでの“施設介護“から“在宅介護“への転換が大幅に進められている。

 こうした動きを受け、介護保険制度の総量規制を受けない高齢者向け住宅として「高齢者専用賃貸住宅」の制度が発足。2007年6月には、厚生労働省が、これまで不動産業の兼営を禁じていた医療法人の経営参入を解禁することで、医療と介護を連携させた住宅の整備がより一層促進することになり、今後ますます増加が予想される高齢者介護の問題や不安に国として備えていく動きになっている。

 「ケアビレッジ・リビング」は、住宅業界で初めて、多機能型高齢者専用賃貸住宅を商品化。入居者には質の高いサービスと安心感や快適な居住性を提供し、医療法人をはじめとする経営者には医療+介護+賃貸住宅の安定収益を確保する。

 パナホームの医療・介護建築事業の実績に基づくパッケージプランや、事業計画から開設・運営支援をトータルにサポートする住宅業界初のコンサルティングシステムで、経営者をバックアップ。注文住宅事業のノウハウを随所に生かし、わが家の雰囲気あふれる外観や室内環境を実現した。

 軽量鉄骨柱・梁ラーメン構造を採用し、パッケージプラン10プランを基本としたフリープランを提供する。延床面積980.67m2(296.65坪)・2階建・居室数26室・エレベーター1基付、デイサービスセンター定員20名プランの場合の税込価格は3.3m2あたり65万円台以上となる。価格は、地域と延床面積、仕様により異なる。販売地域は、北海道、沖縄、一部寒冷地域を除く全国で、同社では販売目標を初年度50棟としている。


http://alphapac2.web.fc2.com/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
チアミンでダイエットに挑む
ハチミツエキスとは、ハチミツから抽出した天然のエキスです http://tenaculum.thriftystmartin.com/
2008/12/07(日) 06:17 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alphapac2.blog103.fc2.com/tb.php/37-9b50397b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。