頑張り過ぎない介護8

ここでは、頑張り過ぎない介護8 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆとりある笑顔が返せるために「力を入れすぎず」に長期戦を乗り越えたい。

 人生80年の時代を迎え、介護は人ごとではありません。ましてや誕生する子どもの数がベビーブームの時に比べ100万人程少なく、今後出生数の増加が期待できない21世紀になっています。「一体、私の老後を誰に委ねればよいのでしょう?」と思われる方がいらっしゃることでしょう。

  一人っ子の私が仕事をこなしながら両親の看病と介護を経て、2人を見送ることができたのも、家族の理解と協力そして適切な援助が得られたからだと思っています。介護は未来を夢見ることのできる子育てと異なり、先に待つものは「死」、誰も避けることができず、平等に忍び寄る人生の終着駅なのです。

 看取る側、看取られる側の両者がお互いに安心と少しでも充足が得られるために、「力を入れすぎず」に長期戦を乗り越えたいものです。ゆとりある笑顔が返せるためにも。
http://alphapac2.web.fc2.com/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alphapac2.blog103.fc2.com/tb.php/23-bc00cd31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。