高齢者調査2

ここでは、高齢者調査2 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京都は、都内における各世帯の生活実態・世帯員の福祉、保健と医療に関する意識を明らかするための調査である、2006年度東京都福祉保健基礎調査「都民の生活実態と意識」の結果速報を公表した。

 調査の結果、65歳以上の高齢者がいる世帯(「高齢者のみの世帯」と「高齢者のみでない世帯」)は40.3%と、全世帯の40%を占めている。高齢者がいる世帯(40.3%)の内訳を世帯類型別でみると、「ひとりぐらし」の世帯の割合が最も高く11.1%、次いで夫婦ともに65歳以上である「高齢者夫婦のみ」が10.3%、次いで「高齢者と配偶者のいない子」(高齢者のみでない世帯)10.0%と続く。

 65歳以上の性・年齢階級をみると、性別では「男性」45.5%、「女性」54.4%となっている。年齢階級別では男女ともに「65~74歳」の前期高齢者の割合が、男性29.6%、女性32.9%と、高くなっている。

 身体障害者手帳、知的障害者の愛の手帳と精神障害者保健福祉手帳の所持状況は「手帳あり」が全世帯員のうち3.3%だった。

 身近で児童虐待や高齢者虐待と思われるようなことを見聞きしたらどうするか尋ねたところ、「相談機関(児童相談所など)に連絡する」が最も多く26.8%、次いで「警察に連絡」が21.4%、「区市町村(役所)に連絡」が19.1%と続く。なお、これらの公的機関への連絡は77.1%と80%弱だった。

 児童・高齢者虐待はどうすれば防止できるか尋ねたところ、「身近な地域で見守る仕組みをつくる」が最も多く26.5%、次いで「関係機関の連携を強化する」23.1%、「気軽に相談できる電話や窓口があることのPR」21.3%と続く。

 障害のある人に関する行政の施策でもっと力を入れてもらいたいと思うものは何か尋ねたところ、「職業訓練の充実、就労機会の確保」(45.1%)「公共建築物や公的住宅、交通機関などの改善・整備」(44.9%)を挙げる人が多く、40%半ばとなった。

 障害のある人の就労に向けた企業などの役割として重要だと思われることを尋ねたところ、「職場の上司や同僚の理解」が最も多く56.1%、次いで「法定雇用率達成への取組」41.7%、「事業所などの構造・設備の改善・整備(バリアフリー化などを含む)」41.1%と続いている。

 地域で安心して生活していくために、福祉保健医療に関してどのようようなことが大切だと思うか尋ねたところ、「地域医療提供(かかりつけ医、病院など)体制の充実」が最も多く75.3%、次いで「福祉施策の充実」53.4%、「健康管理の相談窓口の充実」36.1%と続いている。

 福祉サービス分野へ民間企業が参入することの賛否を尋ねたところ、「賛成」が55.7%、「反対」が7.9%と前回調査と比べて、「賛成」の割合がわずかに増加した。

 福祉サービス分野へ民間企業が参入することに賛成と答えた3,897人の理由は「行政だけでは必要なサービスを賄いきれないから」が最も多く38.4%で、前回調査よりも増加した。いっぽう、民間企業が参入することに「反対」である554人にその理由を尋ねたところ、「福祉サービスはあくまでも行政の責任で行うべきだから」が37.4%で最も多かった。

 社会保障サービスの水準と負担の関係はどうあるべきか尋ねたところ、「現状の社会保障サービスの水準を維持すべきで、ある程度、負担が増えてもやむを得ない」が最も多く40.5%、いっぽう、「わからない」も19.0%と多くなっている。

 今後の社会保障サービスにおける負担方法のあり方を尋ねたところ、「社会保障の負担増は、社会全体で負担する税金や社会保険料と、サービスを受ける本人の利用料の両方で対応すべきである」が最も多く42.2%、次いで「社会保障の負担増は、主に社会全体で負担する税金や社会保険料で対応すべきである」が31.1%と続いている。
http://alphapac2.web.fc2.com/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://alphapac2.blog103.fc2.com/tb.php/15-4112ecc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Elder abuse)とは、家庭内や施設内での高齢者に対する虐待行為である。虐待の分類この行為では、高齢者の基本的人権を侵害・蹂躙し、心や身体に深い傷を負わせるようなもので、次のような種類がある。身体的虐待: 殴る、蹴る、つねるなどで、裂傷や打撲など
2007/11/01(木) 10:29:07 | 高齢者・福祉ETC
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。